• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3回6安打6失点の大乱調 苦戦の大谷に残された2つの課題

 二刀流右腕が投打ともに苦戦が続いている。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が9日(日本時間10日)、メキシカンリーグ・ティファナとの練習試合に登板。3回を1本塁打を含む6安打6失点の大乱調だった。

 大谷は先頭打者から、わずか8球で2死を奪う上々の滑り出しを見せたのもつかの間、3番打者に初球の直球を右翼に運ばれる先制弾を浴びた。二回以降も持ち直せず、下位打線に連打を許すなど失点を重ね、三回を投げ終えたところで予定の60球を超える64球に達したため降板した。

 試合後に大谷が「いい球と悪い球がはっきりしていたのが一番大きい」と振り返った通り、依然として大リーグ公認球に対応しきれていない。三回には先頭打者から連続四死球に暴投も記録。スライダーこそコースに決まったが、直球、カーブなどは抜ける場面もあり、かねて課題とされてきた制球に不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る