• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G岡本が1号 村田ヘッドが明かす“レギュラー取り”のノルマ

 巨人期待の岡本和真(21)が待望の今季1号を放った。6日のロッテとのオープン戦に「6番・一塁」で先発出場。八回無死走者なしから、139キロの内角低めの直球をすくい上げると、打球は左翼スタンドへ飛び込んだ。キャンプからの実戦を含めて今年初の一発。

 うれしいはずだが、「1本出ていなかったんで強いスイングを意識した。シーズンで打つためにオープン戦で結果を出して、開幕一軍を迎えるためにアピールしていかないと」と浮かれる様子はない。 

 ドラフト1位の鳴り物入りで入団。「将来の4番」「和製大砲候補」と期待されながら、鳴かず飛ばずのまま4年目を迎える。1年を通じて一軍にいた経験がないだけに、今年にかける思いは強い。

■「大事なのは安打を続けること」

 この日の試合前の練習中、なかなか本塁打が出ない点を村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)に聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る