• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内野たらい回しも我慢 鳥谷は“虎名手の大記録”が心の支え

「言われたところでやるだけ」とは言うものの、内心は面白くないはずだ。

 阪神の鳥谷敬(36)は昨年、遊撃から三塁へ回された。

 今春のキャンプも当初は三塁を守り、2年目の大山は二塁でノックを受けていた。ところが、2週間もたたないうちに金本監督は「大山三塁、二塁鳥谷」を決めた。大山の打撃を買っている金本監督は、二塁より守備の負担が少ない三塁の方が大山は活躍できるとみているからだ。さらにその先には、「4番・三塁」の生え抜きスターを育てたい意向もあると聞く。

 大山の“犠牲”になった形の鳥谷は今年、5年契約の4年目。現役生活は長くはない。控えではなく、レギュラーとしてもう一度優勝したいという思いも強い。ポジションをたらい回しにされようが、グッと耐えてゲームに出た方が得策だ。

「それと、もうひとつ」と、あるOBが鳥谷の胸中についてこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る