• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内野たらい回しも我慢 鳥谷は“虎名手の大記録”が心の支え

「言われたところでやるだけ」とは言うものの、内心は面白くないはずだ。

 阪神の鳥谷敬(36)は昨年、遊撃から三塁へ回された。

 今春のキャンプも当初は三塁を守り、2年目の大山は二塁でノックを受けていた。ところが、2週間もたたないうちに金本監督は「大山三塁、二塁鳥谷」を決めた。大山の打撃を買っている金本監督は、二塁より守備の負担が少ない三塁の方が大山は活躍できるとみているからだ。さらにその先には、「4番・三塁」の生え抜きスターを育てたい意向もあると聞く。

 大山の“犠牲”になった形の鳥谷は今年、5年契約の4年目。現役生活は長くはない。控えではなく、レギュラーとしてもう一度優勝したいという思いも強い。ポジションをたらい回しにされようが、グッと耐えてゲームに出た方が得策だ。

「それと、もうひとつ」と、あるOBが鳥谷の胸中についてこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る