内野たらい回しも我慢 鳥谷は“虎名手の大記録”が心の支え

公開日:

「言われたところでやるだけ」とは言うものの、内心は面白くないはずだ。

 阪神の鳥谷敬(36)は昨年、遊撃から三塁へ回された。

 今春のキャンプも当初は三塁を守り、2年目の大山は二塁でノックを受けていた。ところが、2週間もたたないうちに金本監督は「大山三塁、二塁鳥谷」を決めた。大山の打撃を買っている金本監督は、二塁より守備の負担が少ない三塁の方が大山は活躍できるとみているからだ。さらにその先には、「4番・三塁」の生え抜きスターを育てたい意向もあると聞く。

 大山の“犠牲”になった形の鳥谷は今年、5年契約の4年目。現役生活は長くはない。控えではなく、レギュラーとしてもう一度優勝したいという思いも強い。ポジションをたらい回しにされようが、グッと耐えてゲームに出た方が得策だ。

「それと、もうひとつ」と、あるOBが鳥谷の胸中についてこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る