19タコの日ハム清宮 オープン戦でヒット出ない本当の理由

公開日:

「体が投手寄りに傾いて打ちにいくので、球を長く見られない。だからストレートに差し込まれ、変化球にも対応できないのです」

 日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)について、他球団のスコアラーがこう言う。

 11日のDeNA戦では4三振。オープン戦は19打席連続無安打でいまだヒットがない。清宮は、「打ったと思っても前に打球が飛ばない。(プロの変化球は)キレもあるし、速球を打ちにいきながらというのは難しさがあるので、駆け引きも大事かなと思う」と課題を挙げる。

 前出のスコアラーは「ストレートをヒットにできれば、結果はついてくるはずです」と、こう続ける。

「清宮が打てないのは、カウントを取りにくるストレートを捉えきれていないからです。追い込まれてストレートと変化球の両方をアタマに入れながら打つことは、今の清宮にとっては簡単なことではない。まずは早いカウントでストレートを確実にヒットすることが大切でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る