• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

19タコの日ハム清宮 オープン戦でヒット出ない本当の理由

「体が投手寄りに傾いて打ちにいくので、球を長く見られない。だからストレートに差し込まれ、変化球にも対応できないのです」

 日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)について、他球団のスコアラーがこう言う。

 11日のDeNA戦では4三振。オープン戦は19打席連続無安打でいまだヒットがない。清宮は、「打ったと思っても前に打球が飛ばない。(プロの変化球は)キレもあるし、速球を打ちにいきながらというのは難しさがあるので、駆け引きも大事かなと思う」と課題を挙げる。

 前出のスコアラーは「ストレートをヒットにできれば、結果はついてくるはずです」と、こう続ける。

「清宮が打てないのは、カウントを取りにくるストレートを捉えきれていないからです。追い込まれてストレートと変化球の両方をアタマに入れながら打つことは、今の清宮にとっては簡単なことではない。まずは早いカウントでストレートを確実にヒットすることが大切でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る