触発される日ハム中田翔 清宮加入のプラスとマイナス

公開日: 更新日:

 日本ハムのドラフト1位野手、清宮幸太郎(18=早実)が5日、札幌市内の屋内練習場で行われた全体練習に参加。フリー打撃や居残り特打で快音を響かせた。

 見守った栗山監督は、「幸太郎は一軍のピッチャーをたくさん見ないといけないから」ときょう6日からの神戸、姫路と続く遠征に帯同させることを改めて明言。開幕一軍に向けて着実に段階を踏んでいるが、そんな高卒新人に大いに触発されているのが、主砲の中田翔(28)である。

 4日のロッテとのオープン戦では、早くも“今季1号本塁打”。スライダーを思い切りすくい上げ、豪快に左中間スタンドへ運んだ。体重は昨季開幕時に比べて14キロ増となる104キロ。「パワーがついた」と胸を張っていた。栗山監督がキャンプ前から、「翔の4番・一塁を含めてポジションは白紙」と強調しているのも、清宮の存在を利用して中田の尻を叩くためともっぱらだ。思惑通りに主砲がヤル気になっているとしたらしめたものだが、中田と親しい球界関係者は「それがマイナスに出やしないか、不安はありますよ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る