• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本拠地デビューで“初ヒット” 日ハム清宮に開幕2番構想

 技ありの“プロ初ヒット”だった。

 28日の台湾・ラミゴとの交流試合に、日本ハムのドラ1ルーキー、清宮幸太郎(18=早実)が「7番・一塁」で初のスタメン出場を果たした。

 1打席目が回ってきたのは二回、2死走者なしの場面。清宮は2ボールから、やや内角高めの直球を振り抜くと、右中間フェンスに直撃する二塁打。交流試合とはいえ、プロ入り後、初めての安打をマークした。

 その後は死球、空振り三振と2打数1安打。試合後は、「札幌で幸先いいスタートが切れた。ここでもっともっと打ちたい。これからは結果が大事な時期になる。そこにこだわりたい」と話した。

 清宮といえば、高校通算111本塁打を引っ提げ、ドラフトでは、7球団が競合した超高校級スラッガー――とみられている。しかし、この高卒新人の真価は本当にそこなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る