本拠地デビューで“初ヒット” 日ハム清宮に開幕2番構想

公開日:

 技ありの“プロ初ヒット”だった。

 28日の台湾・ラミゴとの交流試合に、日本ハムのドラ1ルーキー、清宮幸太郎(18=早実)が「7番・一塁」で初のスタメン出場を果たした。

 1打席目が回ってきたのは二回、2死走者なしの場面。清宮は2ボールから、やや内角高めの直球を振り抜くと、右中間フェンスに直撃する二塁打。交流試合とはいえ、プロ入り後、初めての安打をマークした。

 その後は死球、空振り三振と2打数1安打。試合後は、「札幌で幸先いいスタートが切れた。ここでもっともっと打ちたい。これからは結果が大事な時期になる。そこにこだわりたい」と話した。

 清宮といえば、高校通算111本塁打を引っ提げ、ドラフトでは、7球団が競合した超高校級スラッガー――とみられている。しかし、この高卒新人の真価は本当にそこなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る