ベイに4三振で19タコ 日ハム清宮“それでも開幕1軍”の根拠

公開日:  更新日:

 1本が出ない。

 ここまでオープン戦無安打の清宮幸太郎(18=早実)が11日のDeNA戦で4打席4三振。これで19打席連続無安打となった。六回の第3打席では、高校時代に同じ西東京で鎬を削った最大のライバル・桜井周斗(18=ドラフト5位=日大三)と対戦。高校2年秋の都大会で5打席連続三振を食らった因縁の相手に、3球三振に斬って取られた。

「状態は悪くないとは思うんですが、なかなか仕留めきれない。打ったと思ってもファウルになったり、前に飛んでくれない」

 試合後、こう言って木製バットへの戸惑いを口にした清宮。プロの変化球に腰が引けるシーンが多く、直球には差し込まれるという悪循環に陥っているようにも見える。

 が、栗山監督は4三振の赤っ恥を、「すごくいいこと」と歓迎。19打席無安打にも、「あんな感じになるのは初めてだと思う。素晴らしい経験をしている。それを感じて力にしてくれれば。中途半端なスイングよりいいと思う。内容というか、打席でのアプローチや三振の仕方も見ている」と二軍降格どころか、13日からの広島遠征にも帯同させることを決定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る