• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイに4三振で19タコ 日ハム清宮“それでも開幕1軍”の根拠

 1本が出ない。

 ここまでオープン戦無安打の清宮幸太郎(18=早実)が11日のDeNA戦で4打席4三振。これで19打席連続無安打となった。六回の第3打席では、高校時代に同じ西東京で鎬を削った最大のライバル・桜井周斗(18=ドラフト5位=日大三)と対戦。高校2年秋の都大会で5打席連続三振を食らった因縁の相手に、3球三振に斬って取られた。

「状態は悪くないとは思うんですが、なかなか仕留めきれない。打ったと思ってもファウルになったり、前に飛んでくれない」

 試合後、こう言って木製バットへの戸惑いを口にした清宮。プロの変化球に腰が引けるシーンが多く、直球には差し込まれるという悪循環に陥っているようにも見える。

 が、栗山監督は4三振の赤っ恥を、「すごくいいこと」と歓迎。19打席無安打にも、「あんな感じになるのは初めてだと思う。素晴らしい経験をしている。それを感じて力にしてくれれば。中途半端なスイングよりいいと思う。内容というか、打席でのアプローチや三振の仕方も見ている」と二軍降格どころか、13日からの広島遠征にも帯同させることを決定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る