いまだオープン戦無安打 日ハム清宮の沈黙に球団やきもき

公開日: 更新日:

 一軍の壁は分厚い。

 鳴り物入りでドラ1入団した日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)。台湾・ラミゴとの交流試合では2試合連続で二塁打を放ったものの、オープン戦では7打数無安打となかなか快音が聞かれない。

 7日のオープン戦ではオリックスのセットアッパー、黒木が投げる140キロ台後半の直球に苦戦。オール直球攻めで、最後はコースに決まった148キロにバットが出ず見逃し三振に倒れた。

 日本に比べてレベルが劣る台湾の投手は打てても、一軍のレギュラークラスには分が悪い清宮。これにやきもきしているのが首脳陣……ではなく、球団だろう。

 集客の目玉だった大谷(現エンゼルス)がメジャー移籍。高校球界のスターだった清宮は、大谷に代わる目玉選手として期待される。当然、清宮が一軍に居続けるかどうかは、集客の面でも無視できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  6. 6

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  7. 7

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  8. 8

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  9. 9

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  10. 10

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

もっと見る