• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

V確率70%の大本命も勝機あり 大阪桐蔭を倒す投手の3条件

 センバツの優勝候補筆頭は間違いなく大阪桐蔭だ。

 根尾、藤原、山田、柿木らドラフト候補がズラリと揃う。それでも優勝する確率は70%ほどとみる。勝負事に絶対はない。

 他校に勝機があるとすれば、ロースコアの接戦に持ち込むことだ。大阪桐蔭の強力打線を抑えられる投手がいることが第一条件になる。

 古い話にはなるが、1985年のセンバツ準決勝で、初出場の高知・伊野商が、3年生になった清原、桑田らを擁する優勝候補のPL学園に勝利した。高校野球史に残る番狂わせがヒントになる。エースの渡辺は主砲の清原から3三振を奪ってPL打線を分断した。

 何試合かの実戦を経ただけで本番を迎えるセンバツは、強豪校でも「速球」に差し込まれるケースがよくある。ただ、無名の県立校とはいえ、渡辺の直球は150キロ近く出ていたのではないか。そんな投手、そうはいないだろう。そこで、次の条件は「変則系」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事