• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪桐蔭倒せるか センバツ出場屈指の実力校はこの3校

 3月23日に開幕するセンバツ高校野球の出場校が26日、決まった。今大会は90回記念大会のため、例年よりも4校多い36校が出場する。

 史上3校目の春連覇を狙う大阪桐蔭は、根尾、藤原の1位候補をはじめ、7人のドラフト候補を擁する“銀河系軍団”。もちろん優勝候補筆頭である。スポーツライターの美山和也氏は「大本命の大阪桐蔭を倒すとすれば、この3校ではないか」とこう続ける。

「まずは東北大会優勝校の聖光学院(福島)。斎藤監督が『打線は近年で最強』と自信を深めているように、昨秋の東北大会4試合で1試合平均13安打、11得点という破壊力抜群の打線は、大阪桐蔭を力でねじ伏せられる。昨夏の甲子園では準優勝だった広陵と4―6の激戦を演じ、頂点まであと一歩のところまで来ている印象。あとは明徳義塾(高知)です。昨秋の明治神宮大会を制しているので、台風の目とは言わないでしょうが、エースの市川を中心に大阪桐蔭に対抗できる駒を持っており、総合力が高い。馬淵監督が『優勝を狙う』と公言するのはよほど自信があるとき。要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る