松井秀喜氏が独占激白 巨人低迷の要因と監督就任の可能性

公開日:  更新日:

 13日に打ち上げた巨人の宮崎春季キャンプで臨時コーチを務めた松井秀喜(43=ヤンキースGM付特別アドバイザー)が日刊ゲンダイのインタビューに応じた。チームは昨年、11年ぶりのBクラスとなる4位。低迷の要因、過渡期のチーム再建策、苦しむ盟友・高橋由伸監督(42)について。そして将来的に自身の巨人監督就任はあるのか。ゴジラを直撃した。

■「次の世代を育てなかった」

 ――2年ぶりに古巣の臨時コーチを務め、小林、岡本、吉川尚ら若手に熱心にアドバイスを送った。

「2年前よりは若い選手たちがだいぶイキイキしているような気がした。若いといっても、小林は今年29(歳)でしょう? もう若くないだろ! みたいな(笑い)」

 ――岡本には前回(2016年)も指導している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る