松井秀喜氏が独占激白 巨人低迷の要因と監督就任の可能性

公開日:  更新日:

 13日に打ち上げた巨人の宮崎春季キャンプで臨時コーチを務めた松井秀喜(43=ヤンキースGM付特別アドバイザー)が日刊ゲンダイのインタビューに応じた。チームは昨年、11年ぶりのBクラスとなる4位。低迷の要因、過渡期のチーム再建策、苦しむ盟友・高橋由伸監督(42)について。そして将来的に自身の巨人監督就任はあるのか。ゴジラを直撃した。

■「次の世代を育てなかった」

 ――2年ぶりに古巣の臨時コーチを務め、小林、岡本、吉川尚ら若手に熱心にアドバイスを送った。

「2年前よりは若い選手たちがだいぶイキイキしているような気がした。若いといっても、小林は今年29(歳)でしょう? もう若くないだろ! みたいな(笑い)」

 ――岡本には前回(2016年)も指導している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る