国学院栃木監督がうつ病経験明かす 指導法に悩み2年休む

公開日:  更新日:

 23日に登場する国学院栃木は、柄目直人監督(35=保健体育科教諭)が3年春に1番打者として4強に進出した2000年以来、18年ぶりの甲子園出場になる。昨秋の栃木県大会に優勝。それまで3年連続で夏の県大会決勝で敗れていた作新学院を下して、関東大会に駒を進めた。16年夏に全国制覇した作新学院との差をどう埋めたのか、柄目監督に聞いた。

■作新の子とは覚悟が違う

 ――作新学院の小針監督は筑波大の1学年後輩で旧知の間柄。切磋琢磨してきた?

「切磋琢磨と言うまでいけていません。彼からは教わることばかり。3年連続で夏の決勝でやられている中で、勝敗とか点差だけじゃなく、小針監督からメッセージ的なものをもらっていました」

 ――メッセージ?

「作新さんは戦術とか、勝つための方法が毎年同じじゃない。毎年変えてくる、変わっていく、進化しているんです。あっちがだいぶ先をいっているからこそ勝ちたいんですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る