リハビリ順調 栗山監督が計る「清宮1軍招集」タイミング

公開日:

「このままいけば、いけるかなと思いますし、早く復帰できた方がいい。焦らずですけど、一日でも早く復帰できるようにやっていきたい」

 29日、二軍でリハビリ中の清宮幸太郎(18)が4月6日の巨人との二軍戦での実戦復帰に意欲を燃やした。

 この日は退院後、初めてマシン打撃で約50スイングをこなし、好感触を得た様子だった。この日の鎌ケ谷は二軍戦が行われていないこともあり、訪れたファンはせいぜい20~30人。報道陣の数も一時より大幅に減っている。1月の入寮以降、常に注目を集めてきたが、落ち着いた雰囲気の中で順調にリハビリをこなしている。試合にフル出場できる状態に戻るまでにはしばらく時間がかかりそうだとはいえ、一軍昇格のタイミングを決める栗山監督には「二軍でじっくり」と悠長に構えている余裕はない。

■カギは中田とアルシア

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る