• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リハビリ順調 栗山監督が計る「清宮1軍招集」タイミング

「このままいけば、いけるかなと思いますし、早く復帰できた方がいい。焦らずですけど、一日でも早く復帰できるようにやっていきたい」

 29日、二軍でリハビリ中の清宮幸太郎(18)が4月6日の巨人との二軍戦での実戦復帰に意欲を燃やした。

 この日は退院後、初めてマシン打撃で約50スイングをこなし、好感触を得た様子だった。この日の鎌ケ谷は二軍戦が行われていないこともあり、訪れたファンはせいぜい20~30人。報道陣の数も一時より大幅に減っている。1月の入寮以降、常に注目を集めてきたが、落ち着いた雰囲気の中で順調にリハビリをこなしている。試合にフル出場できる状態に戻るまでにはしばらく時間がかかりそうだとはいえ、一軍昇格のタイミングを決める栗山監督には「二軍でじっくり」と悠長に構えている余裕はない。

■カギは中田とアルシア

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る