リハビリ順調 栗山監督が計る「清宮1軍招集」タイミング

公開日: 更新日:

「このままいけば、いけるかなと思いますし、早く復帰できた方がいい。焦らずですけど、一日でも早く復帰できるようにやっていきたい」

 29日、二軍でリハビリ中の清宮幸太郎(18)が4月6日の巨人との二軍戦での実戦復帰に意欲を燃やした。

 この日は退院後、初めてマシン打撃で約50スイングをこなし、好感触を得た様子だった。この日の鎌ケ谷は二軍戦が行われていないこともあり、訪れたファンはせいぜい20~30人。報道陣の数も一時より大幅に減っている。1月の入寮以降、常に注目を集めてきたが、落ち着いた雰囲気の中で順調にリハビリをこなしている。試合にフル出場できる状態に戻るまでにはしばらく時間がかかりそうだとはいえ、一軍昇格のタイミングを決める栗山監督には「二軍でじっくり」と悠長に構えている余裕はない。

■カギは中田とアルシア

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る