入院中に6キロ減 清宮1軍デビューはゴールデンウィークか

公開日:  更新日:

 顔が小さくなっていた。

 25日、限局性腹膜炎で入院していた清宮幸太郎(18)が二軍施設の千葉・鎌ケ谷で練習を再開。約2週間の入院中に6キロも“激ヤセ”してしまったという清宮は、体幹トレーニングや素振りをする程度の軽めのメニューをこなし、「情けなかった。まずはちゃんと野球ができる体に戻していかないといけない段階。それを踏み外さないように一歩一歩やっていきたい」と話した。

 今のところは実戦復帰はおろか、本格的な打撃練習再開のメドすら立っていない。どれくらいのリハビリ期間が必要で、一軍デビューはいつ頃になりそうか。

「あくまで一般論ですが、食事と運動の制限があったなかで、筋肉が落ちているはずです」

 こう話すのは、日米球団でトレーナーやフィジカルディレクターを務めた、フィジカルコーディネーターの栗田聡氏(理学療法士)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る