• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入院中に6キロ減 清宮1軍デビューはゴールデンウィークか

 顔が小さくなっていた。

 25日、限局性腹膜炎で入院していた清宮幸太郎(18)が二軍施設の千葉・鎌ケ谷で練習を再開。約2週間の入院中に6キロも“激ヤセ”してしまったという清宮は、体幹トレーニングや素振りをする程度の軽めのメニューをこなし、「情けなかった。まずはちゃんと野球ができる体に戻していかないといけない段階。それを踏み外さないように一歩一歩やっていきたい」と話した。

 今のところは実戦復帰はおろか、本格的な打撃練習再開のメドすら立っていない。どれくらいのリハビリ期間が必要で、一軍デビューはいつ頃になりそうか。

「あくまで一般論ですが、食事と運動の制限があったなかで、筋肉が落ちているはずです」

 こう話すのは、日米球団でトレーナーやフィジカルディレクターを務めた、フィジカルコーディネーターの栗田聡氏(理学療法士)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事