• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAラミレス監督に聞いた “助っ人指揮官”の指導哲学

 ラミレス監督は指導者経験が決して豊富とはいえない。2014年にBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスで打撃コーチ兼外野手を務め、同年オフに現役引退。その後、同球団のシニアディレクター(SD)と兼任してオリックスと3カ月間の巡回アドバイザー契約を結んだ。外国人選手のサポート役だったが、巡回は平均週1回。チームに帯同する形ではなかった。それでも16年、監督就任1年目で万年Bクラスだった横浜DeNAベイスターズを3位に押し上げた。昨季は3位で、CSではシーズン連覇の広島を破って球団として19年ぶりの日本シリーズに進出。第6戦まで戦い、常勝軍団ソフトバンクを追い詰めた。今季、98年以来のリーグ優勝を目指すラミレス監督に聞いた。

■選手の長所と短所を見分けることが重要

 ――指揮官として最も大切にしていることは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る