• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAラミレス監督に聞いた “助っ人指揮官”の指導哲学

 ラミレス監督は指導者経験が決して豊富とはいえない。2014年にBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスで打撃コーチ兼外野手を務め、同年オフに現役引退。その後、同球団のシニアディレクター(SD)と兼任してオリックスと3カ月間の巡回アドバイザー契約を結んだ。外国人選手のサポート役だったが、巡回は平均週1回。チームに帯同する形ではなかった。それでも16年、監督就任1年目で万年Bクラスだった横浜DeNAベイスターズを3位に押し上げた。昨季は3位で、CSではシーズン連覇の広島を破って球団として19年ぶりの日本シリーズに進出。第6戦まで戦い、常勝軍団ソフトバンクを追い詰めた。今季、98年以来のリーグ優勝を目指すラミレス監督に聞いた。

■選手の長所と短所を見分けることが重要

 ――指揮官として最も大切にしていることは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事