広島・中村奨成が本音 「清宮を意識しても意味がない」

公開日: 更新日:

 広島ドラフト1位ルーキー中村奨成(18=広陵)が、プロ1年目の決意を明かした。昨夏の甲子園では1大会個人最多の6本塁打を放ち、一躍時の人となった強肩強打の捕手。すでに開幕した二軍では、24日のオリックス戦で“プロ1号本塁打”を含む4打数4安打を記録するなど、今季中の一軍昇格に向けて好スタートを切っている。

 ――ドラフトでは2球団競合の末、地元広島へ。振り返ってみて、あの時の気持ちは?

「カープでも中日でもよかったんです。クジを引いてくれた球団が一番ボクに合っているのかなと思っていましたし。もちろん、地元のカープが引いてくれてうれしかったですけど」

 ――プロ生活で驚いたことは?

「投手の球の質が違います。キレですね。体つき、パワーも高校とは全然レベルが違います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

もっと見る