• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島・中村奨成が本音 「清宮を意識しても意味がない」

 広島のドラフト1位ルーキー中村奨成(18=広陵)が、プロ1年目の決意を明かした。昨夏の甲子園では1大会個人最多の6本塁打を放ち、一躍時の人となった強肩強打の捕手。すでに開幕した二軍では、24日のオリックス戦で“プロ1号本塁打”を含む4打数4安打を記録するなど、今季中の一軍昇格に向けて好スタートを切っている。

 ――ドラフトでは2球団競合の末、地元広島へ。振り返ってみて、あの時の気持ちは?

「カープでも中日でもよかったんです。クジを引いてくれた球団が一番ボクに合っているのかなと思っていましたし。もちろん、地元のカープが引いてくれてうれしかったですけど」

 ――プロ生活で驚いたことは?

「投手の球の質が違います。キレですね。体つき、パワーも高校とは全然レベルが違います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事