• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「便利屋」に収まらぬ働き期待 巨人・上原に“守護神”の目

「便利屋になるつもりでいる」

 上原浩治(42)のセリフである。“引退宣言”を撤回して、3月に古巣へ電撃復帰。当初は、チーム内からも「年齢が年齢だし、キャンプもやってない。期待するのは酷じゃないか」と懐疑的な声があった。日米での経験と実績は群を抜くものの、自己主張の強いもともとの性格も相まって、「同級生の由伸監督はさぞ扱いづらいだろうね」と心配する関係者が少なからずいたのは事実だ。

 それを上原は、チーム合流から1カ月足らずの言動で自ら払拭。満足な調整期間がなかったにもかかわらず、オープン戦では登板3試合連続無失点とさすがの結果を残した。上原獲得に否定的だったチーム関係者も手のひら返しでこう言う。

「便利屋どころか、守護神もあるともっぱらですよ。当面の役割はセットアッパーになるものの、上原を抑えに固定できれば、投手陣の起用の幅が広がる。スピードこそ落ちたとはいえ、球のキレと制球力、決め球のフォークの精度は抑えでも十分にできるとの判断が首脳陣にはある。不安のある先発陣に問題が生じたら、案外、早い段階で守護神・上原が誕生する可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事