「便利屋」に収まらぬ働き期待 巨人・上原に“守護神”の目

公開日:

「便利屋になるつもりでいる」

 上原浩治(42)のセリフである。“引退宣言”を撤回して、3月に古巣へ電撃復帰。当初は、チーム内からも「年齢が年齢だし、キャンプもやってない。期待するのは酷じゃないか」と懐疑的な声があった。日米での経験と実績は群を抜くものの、自己主張の強いもともとの性格も相まって、「同級生の由伸監督はさぞ扱いづらいだろうね」と心配する関係者が少なからずいたのは事実だ。

 それを上原は、チーム合流から1カ月足らずの言動で自ら払拭。満足な調整期間がなかったにもかかわらず、オープン戦では登板3試合連続無失点とさすがの結果を残した。上原獲得に否定的だったチーム関係者も手のひら返しでこう言う。

「便利屋どころか、守護神もあるともっぱらですよ。当面の役割はセットアッパーになるものの、上原を抑えに固定できれば、投手陣の起用の幅が広がる。スピードこそ落ちたとはいえ、球のキレと制球力、決め球のフォークの精度は抑えでも十分にできるとの判断が首脳陣にはある。不安のある先発陣に問題が生じたら、案外、早い段階で守護神・上原が誕生する可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る