• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに岡本が覚醒も…巨人・由伸監督“苦渋決断”の裏事情

 巨人の岡本和真(21)が覚醒した。すでに自己最多となるオープン戦3本塁打。15日のソフトバンク戦は4打数1安打で、開幕スタメンの座を手繰り寄せようとしている。

 ただ、ポジションが定まらない。14日は「三塁」、15日は「一塁」で出場。今月上旬、村田ヘッド兼バッテリーコーチに聞いた際は、「岡本は一塁。三塁はマギーやし。一塁で阿部と競争? そうなるわな」と明言していた。それなのに、ここにきてコロコロ替わっている。

 高橋由伸監督(42)は「岡本は打ってくれればポジションはこちらで考える」と繰り返している。昨季は左翼で開幕スタメンを勝ち取ったものの、オフは三塁に復帰。それが、春のキャンプでは早々に一塁へ回り、専属のようになっていた。三塁の守備力が問題視されながら、またもその三塁を試すのはなぜか。

「岡本を使う場合、一塁なら昨季4番の阿部、三塁なら打率リーグ2位のマギーのどちらかがベンチを温めることになる。当初、首脳陣は、坂本、ゲレーロ、マギーの3人はレギュラー当確としていたが、開幕からいきなり精神的支柱の阿部は外しにくい。一方でマギーはオープン戦1割台(・185)と状態が上がってこない。高橋監督はマギーを外すことを視野に入れ始めたともっぱらです。ただ、昨年のオープン戦も打率・148でワースト2位も、シーズンは・315も打った。オープン戦は良くないことは分かっているだけに、外すなら断腸の思いでしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る