ついに岡本が覚醒も…巨人・由伸監督“苦渋決断”の裏事情

公開日:

 巨人の岡本和真(21)が覚醒した。すでに自己最多となるオープン戦3本塁打。15日のソフトバンク戦は4打数1安打で、開幕スタメンの座を手繰り寄せようとしている。

 ただ、ポジションが定まらない。14日は「三塁」、15日は「一塁」で出場。今月上旬、村田ヘッド兼バッテリーコーチに聞いた際は、「岡本は一塁。三塁はマギーやし。一塁で阿部と競争? そうなるわな」と明言していた。それなのに、ここにきてコロコロ替わっている。

 高橋由伸監督(42)は「岡本は打ってくれればポジションはこちらで考える」と繰り返している。昨季は左翼で開幕スタメンを勝ち取ったものの、オフは三塁に復帰。それが、春のキャンプでは早々に一塁へ回り、専属のようになっていた。三塁の守備力が問題視されながら、またもその三塁を試すのはなぜか。

「岡本を使う場合、一塁なら昨季4番の阿部、三塁なら打率リーグ2位のマギーのどちらかがベンチを温めることになる。当初、首脳陣は、坂本、ゲレーロ、マギーの3人はレギュラー当確としていたが、開幕からいきなり精神的支柱の阿部は外しにくい。一方でマギーはオープン戦1割台(・185)と状態が上がってこない。高橋監督はマギーを外すことを視野に入れ始めたともっぱらです。ただ、昨年のオープン戦も打率・148でワースト2位も、シーズンは・315も打った。オープン戦は良くないことは分かっているだけに、外すなら断腸の思いでしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る