今季初の出番なしも イチロー「レギュラー奪取」の本気度

公開日: 更新日:

 メジャー最年長野手が小休止である。

 開幕から3戦連続スタメン出場していたマリナーズ・イチロー(44)。3日(日本時間4日)、インターリーグ・ジャイアンツ戦はベンチスタート。代打や代走でも起用されず、今季4戦目にして初めて出番がなかった。

 イチローは先日、“本塁打”をキャッチ、「早い段階であの打球を打ってくれて助かった。守備も印象がある。その意味で大きかった」と言った。

 首脳陣にシーズン序盤で守備をアピールできたのは大きい、つまり本気でレギュラーの座を狙っているということだ。

 マーリンズ時代はスタントン(現ヤンキース)、イエリッチ(現ブルワーズ)、オズナ(現カージナルス)とメジャーを代表する外野手が3人そろっていて、レギュラーの座は望むべくもなかった。オズナら「若手の教育係」を買って出たのは、あくまでも外野の控えとしてメジャーに生き残る術でもあった。

 だが、マリナーズの外野は昨年までのマーリンズほど強力ではない。勝手知ったる古巣に戻ったこともあり、再びレギュラーとしてバリバリやろうという気持ちに火が付いたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る