今季初の出番なしも イチロー「レギュラー奪取」の本気度

公開日:

 メジャー最年長野手が小休止である。

 開幕から3戦連続スタメン出場していたマリナーズ・イチロー(44)。3日(日本時間4日)、インターリーグ・ジャイアンツ戦はベンチスタート。代打や代走でも起用されず、今季4戦目にして初めて出番がなかった。

 イチローは先日、“本塁打”をキャッチ、「早い段階であの打球を打ってくれて助かった。守備も印象がある。その意味で大きかった」と言った。

 首脳陣にシーズン序盤で守備をアピールできたのは大きい、つまり本気でレギュラーの座を狙っているということだ。

 マーリンズ時代はスタントン(現ヤンキース)、イエリッチ(現ブルワーズ)、オズナ(現カージナルス)とメジャーを代表する外野手が3人そろっていて、レギュラーの座は望むべくもなかった。オズナら「若手の教育係」を買って出たのは、あくまでも外野の控えとしてメジャーに生き残る術でもあった。

 だが、マリナーズの外野は昨年までのマーリンズほど強力ではない。勝手知ったる古巣に戻ったこともあり、再びレギュラーとしてバリバリやろうという気持ちに火が付いたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る