• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー球に四苦八苦 大谷に“滑り止め”を使う度胸あるか

 ボールの表面がサラサラして滑りやすいメジャー公認球と格闘しているのがエンゼルスの大谷翔平(23)だ。

 例えば22日(日本時間23日)はブルペン投球前のキャッチボールから球が上ずり、暴投する場面が何度かあったほど。ブルペンでもボールを制御できず、投げた直後に指を気にするしぐさを見せることもある。

 ただでさえ日本の統一球と比べて滑りやすいうえに、キャンプ地アリゾナの乾燥した気候が拍車をかける。海を渡った日本人投手の多くは、ボールが手につかずに苦労する。大谷はキャンプがスタートして10日ほどだが、メジャー球に適応しているとは言い難いのが実情だ。

 もっとも、ボールが滑りやすいのは日本人投手に限らない。

 ツインズの右腕・ピネダ(29)はヤンキース時代の14年、首に塗りつけた松ヤニを触って投げたことが発覚し、MLBから10試合の出場停止処分を食らった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る