• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

収穫のメジャー初先発初勝利 大谷の課題は「配球の工夫」

 六回を3者凡退、リードを守ってベンチに戻ると、ソーシア監督からポンと肩をたたかれた。ナインとグータッチを交わしたり、ハグしたり。主砲のプホルスから言葉を掛けられると、笑みがこぼれた。

 エンゼルスの大谷翔平(23)が1日(日本時間2日)、オークランドのアスレチックス戦にメジャー初先発。開幕戦に野手で先発出場した選手が、10試合以内に先発登板したのは1919年のベーブ・ルース以来となる。

 メジャーでも二刀流を実現した大谷は6回、92球を投げて3安打3失点、6奪三振、1与四球。記念すべき試合で勝利投手になった。

 オープン戦中は制球に苦しんだ。滑りやすいメジャー公認球と、傾斜がきつく硬いマウンドに対応できない。投げるたびに点を取られ、一時はマイナー降格をウワサされたりもした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事