• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ガラパゴス化”深刻 世界で通用しない日本人プロの限界

 3月に行われた米ツアー、WGCメキシコ選手権では、日本を代表して出場した池田勇太が通算イーブンパー46位、小平智が同4オーバー54位、宮里優作は同9オーバー60位と毎度のことながら、世界レベルにはまったく歯が立たないことが露呈した。通算16アンダーで並んだJ・トーマスをプレーオフで破り、2013年以来5年ぶりの優勝を遂げた47歳のP・ミケルソンと日本3選手とは、プロとアマチュアほどの大差。特に昨年の賞金王で日本一の宮里とは25打差もあった。

 本当に同じプロゴルファーかと疑いたくなる。

 一方、2月にタイで行われた米女子ツアー、ホンダLPGAタイランドは、日本からは成田美寿々、堀琴音の2人が出場。成田は通算2アンダー44位、堀は初日82、2日目85とアマチュア並みの大叩きで最下位となり、3日目のスタート前に棄権(大会は予選カットなし)という体たらく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事