• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宮里優と池田は予選落ち 国内賞金王の力不足が浮き彫りに

【マスターズ 2日目】

 日本で賞金王になっても、本場メジャーでは優勝争いどころか、予選すら突破できないレベルがよくわかった。

 初出場の宮里優作(37)は、昨季4勝をマークして初の賞金王になったが、マスターズではスコアメークにてこずり2日連続の77。通算10オーバー75位に終わった。

「グリーンが本当に硬くて、ショートアイアンでも止められないピン位置が多かった。だからバーディーチャンスもなかった。予選2日間は(コース攻略の)イマジネーションが追いつかず、いっぱいいっぱいのプレーだった」(宮里)

 17年は日本プロゴルフ選手権、ゴルフ日本シリーズと“国内メジャー”2勝を挙げ、平均ストローク70・16(ランク2位)と強さを発揮した。しかし、世界のトッププロが集合し、タフな会場のマスターズではアンダーパーで回ることもできず、手も足も出なかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る