1安打零封12Kで2勝目 エンゼルス大谷“神懸かり投”の要因

公開日: 更新日:

 7回91球を投げて1安打無失点、毎回の12奪三振。七回1死までひとりの走者も許さない投球で、エンゼルスの大谷翔平(23)がメジャー2勝目を挙げた。

 この日の対戦相手は前回の初登板と同じアスレチックス。「大谷は多くの打者と対戦した。情報を得たが、相手も大谷を見ている」とソーシア監督が話せば、アスレチックスのメルビン監督は「大谷は我々をより理解してくるだろうが、それは必ずしもうまくいくことを意味しない」と不敵な笑みを浮かべていた。

 そのアスレチックスは初戦で大谷から1安打1四球と2打席とも出塁したジョイスの打順を5番から1番に、3点本塁打を放ったチャプマンの打順を7番から6番に上げた。

■歩幅狭めて制球重視が奏功

 相性の良い打者の打順を入れ替えたアスレチックス打線に対し、大谷は自身の投球スタイルを変えて臨んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る