• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮“リハビリ打撃練”が名伯楽・内田氏をとりこに

 清宮が「名伯楽」をとりこにした。

 6日、巨人との二軍戦に帯同した清宮幸太郎(18)が室内で打撃練習をしているときだった。巨人の内田二軍打撃コーチが練習場にやってきて、黄金ルーキーのスイングを食い入るように観察したのだ。

 内田コーチと言えば、巨人時代の松井秀喜を指導するなど、球界有数の名伯楽。高校通算111本塁打を放った実力のほどをその目で確かめたかったのだろう。

 内田コーチは清宮について開口一番、「いい選手。すごいね」とし、「見ていて驚いたのは、ゴロを1球も打たなかったこと。しっかりフライを打てるということはそれだけ遠くへ飛ばせるということ。高校であれだけ打てるのはわかる」と絶賛した。松井氏との比較については言及しなかったものの、清宮の打者としての才能を感じ取った様子だった。

 もっとも、清宮はあくまでリハビリ中。荒木二軍監督は「スイングがバテ気味のような感じだった」とコーチから報告を受けたという。もし内田コーチが全開のスイングを見ていたら、どれほど驚いていたことか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る