日ハム清宮“リハビリ打撃練”が名伯楽・内田氏をとりこに

公開日: 更新日:

 清宮が「名伯楽」をとりこにした。

 6日、巨人との二軍戦に帯同した清宮幸太郎(18)が室内で打撃練習をしているときだった。巨人の内田二軍打撃コーチが練習場にやってきて、黄金ルーキーのスイングを食い入るように観察したのだ。

 内田コーチと言えば、巨人時代の松井秀喜を指導するなど、球界有数の名伯楽。高校通算111本塁打を放った実力のほどをその目で確かめたかったのだろう。

 内田コーチは清宮について開口一番、「いい選手。すごいね」とし、「見ていて驚いたのは、ゴロを1球も打たなかったこと。しっかりフライを打てるということはそれだけ遠くへ飛ばせるということ。高校であれだけ打てるのはわかる」と絶賛した。松井氏との比較については言及しなかったものの、清宮の打者としての才能を感じ取った様子だった。

 もっとも、清宮はあくまでリハビリ中。荒木二軍監督は「スイングがバテ気味のような感じだった」とコーチから報告を受けたという。もし内田コーチが全開のスイングを見ていたら、どれほど驚いていたことか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る