日ハム清宮“リハビリ打撃練”が名伯楽・内田氏をとりこに

公開日:

 清宮が「名伯楽」をとりこにした。

 6日、巨人との二軍戦に帯同した清宮幸太郎(18)が室内で打撃練習をしているときだった。巨人の内田二軍打撃コーチが練習場にやってきて、黄金ルーキーのスイングを食い入るように観察したのだ。

 内田コーチと言えば、巨人時代の松井秀喜を指導するなど、球界有数の名伯楽。高校通算111本塁打を放った実力のほどをその目で確かめたかったのだろう。

 内田コーチは清宮について開口一番、「いい選手。すごいね」とし、「見ていて驚いたのは、ゴロを1球も打たなかったこと。しっかりフライを打てるということはそれだけ遠くへ飛ばせるということ。高校であれだけ打てるのはわかる」と絶賛した。松井氏との比較については言及しなかったものの、清宮の打者としての才能を感じ取った様子だった。

 もっとも、清宮はあくまでリハビリ中。荒木二軍監督は「スイングがバテ気味のような感じだった」とコーチから報告を受けたという。もし内田コーチが全開のスイングを見ていたら、どれほど驚いていたことか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る