• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮“リハビリ打撃練”が名伯楽・内田氏をとりこに

 清宮が「名伯楽」をとりこにした。

 6日、巨人との二軍戦に帯同した清宮幸太郎(18)が室内で打撃練習をしているときだった。巨人の内田二軍打撃コーチが練習場にやってきて、黄金ルーキーのスイングを食い入るように観察したのだ。

 内田コーチと言えば、巨人時代の松井秀喜を指導するなど、球界有数の名伯楽。高校通算111本塁打を放った実力のほどをその目で確かめたかったのだろう。

 内田コーチは清宮について開口一番、「いい選手。すごいね」とし、「見ていて驚いたのは、ゴロを1球も打たなかったこと。しっかりフライを打てるということはそれだけ遠くへ飛ばせるということ。高校であれだけ打てるのはわかる」と絶賛した。松井氏との比較については言及しなかったものの、清宮の打者としての才能を感じ取った様子だった。

 もっとも、清宮はあくまでリハビリ中。荒木二軍監督は「スイングがバテ気味のような感じだった」とコーチから報告を受けたという。もし内田コーチが全開のスイングを見ていたら、どれほど驚いていたことか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る