• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・藤浪また自滅…“長身右腕”指導経験者が語る復活策

 制球難に苦しむ阪神の藤浪(23)が、またも試合をぶち壊した。先発した6日の中日戦の初回に四球、自らの失策、暴投でノーヒットのまま1失点。二~四回を2安打に抑えて持ち直したように見えたが、五回2死満塁でストレートの押し出し四球を与え、マウンドを降りた。

 試合後は、「思うような投球ができなくて悔しい。抑えたい気持ちが力みになった」と話した藤浪。今季初戦となった3月31日の巨人戦は5回6安打5四球4失点で、この日は4回3分の2を4安打3四球2失点。死球をぶつけずとも、独り相撲で自滅する癖は相変わらずである。

 そこで、評論家の門倉健氏に聞いてみた。中日、横浜などで活躍した門倉氏は韓国サムスンの投手コーチ時代、クビ寸前だったバンデンハーク(現ソフトバンク)の制球難を改善させた実績がある。バンデンハークは身長198センチ、藤浪は197センチと、上から投げ下ろすタイプの長身右腕だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る