阪神・藤浪また自滅…“長身右腕”指導経験者が語る復活策

公開日: 更新日:

 制球難に苦しむ阪神の藤浪(23)が、またも試合をぶち壊した。先発した6日の中日戦の初回に四球、自らの失策、暴投でノーヒットのまま1失点。二~四回を2安打に抑えて持ち直したように見えたが、五回2死満塁でストレートの押し出し四球を与え、マウンドを降りた。

 試合後は、「思うような投球ができなくて悔しい。抑えたい気持ちが力みになった」と話した藤浪。今季初戦となった3月31日の巨人戦は5回6安打5四球4失点で、この日は4回3分の2を4安打3四球2失点。死球をぶつけずとも、独り相撲で自滅する癖は相変わらずである。

 そこで、評論家の門倉健氏に聞いてみた。中日、横浜などで活躍した門倉氏は韓国サムスンの投手コーチ時代、クビ寸前だったバンデンハーク(現ソフトバンク)の制球難を改善させた実績がある。バンデンハークは身長198センチ、藤浪は197センチと、上から投げ下ろすタイプの長身右腕だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る