来年から日本人選手扱い メッセ流出阻止へ阪神に“隠し球”

公開日:

「これぞエース」という内容だったのが阪神のメッセンジャー(36)。DeNA打線相手に8回を投げ、散発3安打の無失点。奪三振も11で、つけ入る隙を与えず、今季2勝目を挙げた。

「3安打に抑えられ、自分の仕事ができた。緩急をうまく使えた。ベンチにいる全員が戦う準備ができているし、いい仕事をしている。自分も自分の仕事をするだけだ」

 こう語ったメッセは今年で入団9年目。今月16日にFA権を取得し、来年から日本人選手扱いになる。何としても流出を阻止したい球団は権利取得直後に交渉するようだが、メッセの今季年俸は3億5000万円。8月に37歳になる高齢右腕でも、引き留めは複数年契約になるだろうから、かなりの「投資」となる。

 とはいえ、故障さえなければ2ケタ勝利と投球回数190回を計算できる右腕なんて、なかなかいない。メッセも阪神以外の球団に移籍するつもりはないそうだから、再契約で問題になるのは条件だけだろう。

 メッセは2年前、米・テネシー州に広大な敷地の自宅を購入したものの「タイガース愛」が非常に強い。「現役引退したらタイガースの監督にする」という要求項目があったら、球団はOKするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る