• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来年から日本人選手扱い メッセ流出阻止へ阪神に“隠し球”

「これぞエース」という内容だったのが阪神のメッセンジャー(36)。DeNA打線相手に8回を投げ、散発3安打の無失点。奪三振も11で、つけ入る隙を与えず、今季2勝目を挙げた。

「3安打に抑えられ、自分の仕事ができた。緩急をうまく使えた。ベンチにいる全員が戦う準備ができているし、いい仕事をしている。自分も自分の仕事をするだけだ」

 こう語ったメッセは今年で入団9年目。今月16日にFA権を取得し、来年から日本人選手扱いになる。何としても流出を阻止したい球団は権利取得直後に交渉するようだが、メッセの今季年俸は3億5000万円。8月に37歳になる高齢右腕でも、引き留めは複数年契約になるだろうから、かなりの「投資」となる。

 とはいえ、故障さえなければ2ケタ勝利と投球回数190回を計算できる右腕なんて、なかなかいない。メッセも阪神以外の球団に移籍するつもりはないそうだから、再契約で問題になるのは条件だけだろう。

 メッセは2年前、米・テネシー州に広大な敷地の自宅を購入したものの「タイガース愛」が非常に強い。「現役引退したらタイガースの監督にする」という要求項目があったら、球団はOKするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る