来年から日本人選手扱い メッセ流出阻止へ阪神に“隠し球”

公開日: 更新日:

「これぞエース」という内容だったのが阪神のメッセンジャー(36)。DeNA打線相手に8回を投げ、散発3安打の無失点。奪三振も11で、つけ入る隙を与えず、今季2勝目を挙げた。

「3安打に抑えられ、自分の仕事ができた。緩急をうまく使えた。ベンチにいる全員が戦う準備ができているし、いい仕事をしている。自分も自分の仕事をするだけだ」

 こう語ったメッセは今年で入団9年目。今月16日にFA権を取得し、来年から日本人選手扱いになる。何としても流出を阻止したい球団は権利取得直後に交渉するようだが、メッセの今季年俸は3億5000万円。8月に37歳になる高齢右腕でも、引き留めは複数年契約になるだろうから、かなりの「投資」となる。

 とはいえ、故障さえなければ2ケタ勝利と投球回数190回を計算できる右腕なんて、なかなかいない。メッセも阪神以外の球団に移籍するつもりはないそうだから、再契約で問題になるのは条件だけだろう。

 メッセは2年前、米・テネシー州に広大な敷地の自宅を購入したものの「タイガース愛」が非常に強い。「現役引退したらタイガースの監督にする」という要求項目があったら、球団はOKするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る