来年から日本人選手扱い メッセ流出阻止へ阪神に“隠し球”

公開日: 更新日:

「これぞエース」という内容だったのが阪神のメッセンジャー(36)。DeNA打線相手に8回を投げ、散発3安打の無失点。奪三振も11で、つけ入る隙を与えず、今季2勝目を挙げた。

「3安打に抑えられ、自分の仕事ができた。緩急をうまく使えた。ベンチにいる全員が戦う準備ができているし、いい仕事をしている。自分も自分の仕事をするだけだ」

 こう語ったメッセは今年で入団9年目。今月16日にFA権を取得し、来年から日本人選手扱いになる。何としても流出を阻止したい球団は権利取得直後に交渉するようだが、メッセの今季年俸は3億5000万円。8月に37歳になる高齢右腕でも、引き留めは複数年契約になるだろうから、かなりの「投資」となる。

 とはいえ、故障さえなければ2ケタ勝利と投球回数190回を計算できる右腕なんて、なかなかいない。メッセも阪神以外の球団に移籍するつもりはないそうだから、再契約で問題になるのは条件だけだろう。

 メッセは2年前、米・テネシー州に広大な敷地の自宅を購入したものの「タイガース愛」が非常に強い。「現役引退したらタイガースの監督にする」という要求項目があったら、球団はOKするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る