サイ・ヤング賞右腕を攻略 2戦連発した大谷の止まらぬ勢い

公開日:  更新日:

 高めの直球を鋭く振り抜くと、打球はライナーで中堅スタンドに吸い込まれた。

 本拠地デビュー戦でメジャー初本塁打を放って、あらためて二刀流としての可能性をアピールしたエンゼルス・大谷翔平(23)。全米の注目が集まる中、4日(日本時間5日)のインディアンス戦に「8番・DH」で2戦連続のスタメン出場。大谷のバットが火を噴いたのは2点を追う五回の第2打席だった。

 相手の先発右腕コーリー・クルバー(31)に対し、カウント1―1からの3球目、148キロの直球を捉え、同点となる2戦連続の本塁打で、日米通算50号に達した。延長十回には相手の守護神アレンから中前打を放って、連日のマルチである。

 エンゼルス打線は立ち上がりから老練な投球術を駆使するクルバーを打ちあぐねた。五回にシモンズがバントヒットで出塁するまで無安打に抑えられた。大谷も三回の第1打席はカウント2ストライクと簡単に追い込まれると、最後は外寄りのツーシームに手が出ずに、見逃し三振。メジャー屈指の右腕に洗礼を浴びたが、持ち前の対応力の高さを発揮し、次打席で早々と攻略してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る