• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サイ・ヤング賞右腕を攻略 2戦連発した大谷の止まらぬ勢い

 高めの直球を鋭く振り抜くと、打球はライナーで中堅スタンドに吸い込まれた。

 本拠地デビュー戦でメジャー初本塁打を放って、あらためて二刀流としての可能性をアピールしたエンゼルス・大谷翔平(23)。全米の注目が集まる中、4日(日本時間5日)のインディアンス戦に「8番・DH」で2戦連続のスタメン出場。大谷のバットが火を噴いたのは2点を追う五回の第2打席だった。

 相手の先発右腕コーリー・クルバー(31)に対し、カウント1―1からの3球目、148キロの直球を捉え、同点となる2戦連続の本塁打で、日米通算50号に達した。延長十回には相手の守護神アレンから中前打を放って、連日のマルチである。

 エンゼルス打線は立ち上がりから老練な投球術を駆使するクルバーを打ちあぐねた。五回にシモンズがバントヒットで出塁するまで無安打に抑えられた。大谷も三回の第1打席はカウント2ストライクと簡単に追い込まれると、最後は外寄りのツーシームに手が出ずに、見逃し三振。メジャー屈指の右腕に洗礼を浴びたが、持ち前の対応力の高さを発揮し、次打席で早々と攻略してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る