ヤクルトから続々指摘 巨人菅野“スライダー制球難”の遠因

公開日:

 またも打たれた。

 巨人の菅野智之(28)が6日のヤクルト戦で6回7安打5失点と炎上。2敗目を喫した。阪神との開幕戦でも自己最悪の12安打を浴びるなど7回5失点と崩れた菅野は、まさかの2試合連続KO劇に、「調子がめちゃくちゃ悪いわけではない」としつつも、「なかなか体が連動してくれない」と吐露。高橋監督も「こういうふうになるとは考えてなかった。それなりに投げてくれると思っていたので」と渋面だった。

 菅野は昨季のヤクルト戦は5戦5勝。今季はチームが生まれ変わったとはいえ、お得意さま相手でもここまで打ち込まれるのだから、なおさら不安が募る。ヤクルトはそんな巨人の絶対的エースをどう見たのか。

 菅野から五回に本塁打を放つなど、2安打2打点の山田哲は「ミーティングでも積極的にいこうという話をしていた。初球からガンガンいきました」とした上で、「球速は出ていたのでそこまで遅い感じはしなかったけど、(本塁打した)スライダーの制球が昨年よりあまり良くないと感じた」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る