ヤクルトから続々指摘 巨人菅野“スライダー制球難”の遠因

公開日: 更新日:

 またも打たれた。

 巨人の菅野智之(28)が6日のヤクルト戦で6回7安打5失点と炎上。2敗目を喫した。阪神との開幕戦でも自己最悪の12安打を浴びるなど7回5失点と崩れた菅野は、まさかの2試合連続KO劇に、「調子がめちゃくちゃ悪いわけではない」としつつも、「なかなか体が連動してくれない」と吐露。高橋監督も「こういうふうになるとは考えてなかった。それなりに投げてくれると思っていたので」と渋面だった。

 菅野は昨季のヤクルト戦は5戦5勝。今季はチームが生まれ変わったとはいえ、お得意さま相手でもここまで打ち込まれるのだから、なおさら不安が募る。ヤクルトはそんな巨人の絶対的エースをどう見たのか。

 菅野から五回に本塁打を放つなど、2安打2打点の山田哲は「ミーティングでも積極的にいこうという話をしていた。初球からガンガンいきました」とした上で、「球速は出ていたのでそこまで遅い感じはしなかったけど、(本塁打した)スライダーの制球が昨年よりあまり良くないと感じた」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る