背中の張りで緊急降板 日ハム宮西の酷使はいつまで続く

公開日: 更新日:

 8日、日本ハムの中継ぎ左腕・宮西尚生(32)にアクシデントが発生した。

 同点の延長十回にマウンドに上がったものの、立ち上がりからロッテの清田、田村に2者連続四球。続く荻野に1球を投げたところで背中の張りを訴え、降板となった。

 宮西はきょう9日に病院で検査を受ける予定。試合後、栗山監督は「本人と話したけど、そんなにひどくない」と軽症を強調したが、だからといって安心はできない。

 ある球団OBが言う。

「開幕直前に鍵谷がケガで離脱したこともあり、ブルペンで頼れる投手といえば宮西くらい。あえて厳しい場面で若手を出して成長を促す采配もあるが、栗山監督はそれをしない。いきおい、今季も困ったときの宮西頼みに拍車がかかると懸念された直後のことでした」


 宮西はここまで5試合で無失点。登板数こそ同僚のトンキンや石川直と同じだが、毎試合、ブルペンで肩をつくっているリリーフエースの疲労は他の投手陣の比ではない。昨年達成したリーグ初の10年連続50試合登板の蓄積疲労もあるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る