慶大から阪神入り 伊藤隼につきまとう“忖度ドラ1”の雑音

公開日: 更新日:

「何が何でも走者をかえそうと思って打席に入りました」

 今季、甲子園初戦の阪神。2点ビハインドで迎えた六回、勝ち越しの適時内野安打を放った伊藤隼太(28)がこう言った。

 慶大から11年のドラフト1位で入団。他球団の編成担当には「六大学で結果を残したので育成というわけにはいかないが、うちではその程度の評価。せいぜい4位か5位指名」と言われていた選手だ。

 ところが、当時の球団社長が慶大OBだったことから1位で指名。案の定、競合球団はなく、すんなり阪神入りが決まったのだが、「1位は高橋周平(東海大甲府高=中日)で行きましょう。伊藤は外れ1位でも取れます」と言ったベテランスカウトは後日クビになった。

 入団後はやはり外野のレギュラーにはなれず、最多出場は昨季の73試合。過去6年間の通算成績は269試合、打率・238、9本塁打、46打点とパッとしない。それでも昨年は代打起用でプロ入り初のサヨナラ安打を放ち、今季も代打の切り札となっている。「忖度による1位指名」との雑音は、自らのバットで吹き飛ばすしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  5. 5

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  6. 6

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る