• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慶大から阪神入り 伊藤隼につきまとう“忖度ドラ1”の雑音

「何が何でも走者をかえそうと思って打席に入りました」

 今季、甲子園初戦の阪神。2点ビハインドで迎えた六回、勝ち越しの適時内野安打を放った伊藤隼太(28)がこう言った。

 慶大から11年のドラフト1位で入団。他球団の編成担当には「六大学で結果を残したので育成というわけにはいかないが、うちではその程度の評価。せいぜい4位か5位指名」と言われていた選手だ。

 ところが、当時の球団社長が慶大OBだったことから1位で指名。案の定、競合球団はなく、すんなり阪神入りが決まったのだが、「1位は高橋周平(東海大甲府高=中日)で行きましょう。伊藤は外れ1位でも取れます」と言ったベテランスカウトは後日クビになった。

 入団後はやはり外野のレギュラーにはなれず、最多出場は昨季の73試合。過去6年間の通算成績は269試合、打率・238、9本塁打、46打点とパッとしない。それでも昨年は代打起用でプロ入り初のサヨナラ安打を放ち、今季も代打の切り札となっている。「忖度による1位指名」との雑音は、自らのバットで吹き飛ばすしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る