• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慶大から阪神入り 伊藤隼につきまとう“忖度ドラ1”の雑音

「何が何でも走者をかえそうと思って打席に入りました」

 今季、甲子園初戦の阪神。2点ビハインドで迎えた六回、勝ち越しの適時内野安打を放った伊藤隼太(28)がこう言った。

 慶大から11年のドラフト1位で入団。他球団の編成担当には「六大学で結果を残したので育成というわけにはいかないが、うちではその程度の評価。せいぜい4位か5位指名」と言われていた選手だ。

 ところが、当時の球団社長が慶大OBだったことから1位で指名。案の定、競合球団はなく、すんなり阪神入りが決まったのだが、「1位は高橋周平(東海大甲府高=中日)で行きましょう。伊藤は外れ1位でも取れます」と言ったベテランスカウトは後日クビになった。

 入団後はやはり外野のレギュラーにはなれず、最多出場は昨季の73試合。過去6年間の通算成績は269試合、打率・238、9本塁打、46打点とパッとしない。それでも昨年は代打起用でプロ入り初のサヨナラ安打を放ち、今季も代打の切り札となっている。「忖度による1位指名」との雑音は、自らのバットで吹き飛ばすしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る