慶大から阪神入り 伊藤隼につきまとう“忖度ドラ1”の雑音

公開日: 更新日:

「何が何でも走者をかえそうと思って打席に入りました」

 今季、甲子園初戦の阪神。2点ビハインドで迎えた六回、勝ち越しの適時内野安打を放った伊藤隼太(28)がこう言った。

 慶大から11年のドラフト1位で入団。他球団の編成担当には「六大学で結果を残したので育成というわけにはいかないが、うちではその程度の評価。せいぜい4位か5位指名」と言われていた選手だ。

 ところが、当時の球団社長が慶大OBだったことから1位で指名。案の定、競合球団はなく、すんなり阪神入りが決まったのだが、「1位は高橋周平(東海大甲府高=中日)で行きましょう。伊藤は外れ1位でも取れます」と言ったベテランスカウトは後日クビになった。

 入団後はやはり外野のレギュラーにはなれず、最多出場は昨季の73試合。過去6年間の通算成績は269試合、打率・238、9本塁打、46打点とパッとしない。それでも昨年は代打起用でプロ入り初のサヨナラ安打を放ち、今季も代打の切り札となっている。「忖度による1位指名」との雑音は、自らのバットで吹き飛ばすしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る