大乱闘必至のメジャー 大谷は立ち向かう度胸と覚悟が必要

公開日:  更新日:

 ぶつけられたヤンキースのオースティンが持っていたバットを地面にたたきつけてマウンドへ駆け出せば、当てたレッドソックスのケリーは来るなら来いとばかりに手招きで挑発。その後はヤンキース、レッドソックス両軍ナインがマウンド付近で入り乱れ、殴り合いに発展した。

 日本時間12日、田中将大(29)が先発した試合の乱闘は、危険なスライディングをやったオースティンが報復死球を食らったのがきっかけだった。

「大谷(23)にとっても対岸の火事では済まないでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「基本的に制球の良い投手ではないし、ボールが抜けて右打者の肩付近に行くこともある。故意でなくとも、メジャーでは当てれば当て返されますからね。特に大谷は打席にも立つ。二刀流であるがゆえに危ないと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る