• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大乱闘必至のメジャー 大谷は立ち向かう度胸と覚悟が必要

 ぶつけられたヤンキースのオースティンが持っていたバットを地面にたたきつけてマウンドへ駆け出せば、当てたレッドソックスのケリーは来るなら来いとばかりに手招きで挑発。その後はヤンキース、レッドソックス両軍ナインがマウンド付近で入り乱れ、殴り合いに発展した。

 日本時間12日、田中将大(29)が先発した試合の乱闘は、危険なスライディングをやったオースティンが報復死球を食らったのがきっかけだった。

「大谷(23)にとっても対岸の火事では済まないでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「基本的に制球の良い投手ではないし、ボールが抜けて右打者の肩付近に行くこともある。故意でなくとも、メジャーでは当てれば当て返されますからね。特に大谷は打席にも立つ。二刀流であるがゆえに危ないと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る