• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大乱闘必至のメジャー 大谷は立ち向かう度胸と覚悟が必要

 ぶつけられたヤンキースのオースティンが持っていたバットを地面にたたきつけてマウンドへ駆け出せば、当てたレッドソックスのケリーは来るなら来いとばかりに手招きで挑発。その後はヤンキース、レッドソックス両軍ナインがマウンド付近で入り乱れ、殴り合いに発展した。

 日本時間12日、田中将大(29)が先発した試合の乱闘は、危険なスライディングをやったオースティンが報復死球を食らったのがきっかけだった。

「大谷(23)にとっても対岸の火事では済まないでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「基本的に制球の良い投手ではないし、ボールが抜けて右打者の肩付近に行くこともある。故意でなくとも、メジャーでは当てれば当て返されますからね。特に大谷は打席にも立つ。二刀流であるがゆえに危ないと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る