寒波で試合中止 大谷はRソックス戦へ「しっかり準備」

公開日:

 これもメジャーの洗礼か。

 開幕から投打にわたる活躍を見せてきたエンゼルス・大谷翔平(23)。3戦目の先発予定だった15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦(カンザスシティー)が、寒波のため中止となったのだ。ソーシア監督は次回の大谷の登板について17日午後7時7分開始予定(同18日午前11時7分)のレッドソックス戦(アナハイム)に先発させると明かした。

 敵地カウフマンスタジアムのあるミズーリ州は、この時期では異例の寒波が襲来。16日には季節外れの大雪に見舞われ、一夜明けたこの日も小雪がちらつき、試合開始予定時間には気温マイナス1度を記録した。大谷の登板試合が中止になったのはメジャー初で、ナイターでのマウンドも移籍後初めてとなる。

 この日は先発登板に向けて通常通りに調整しながら、試合開始の約30分前に中止が発表された。大谷は球場を引き揚げる際、「きょう(寒い中で)投げたとしても、自分のものになるので、どっちにしろ良い経験になったと思う。(スライド登板は日本で)何度かやってきているので、調整の仕方は今まで通り」と冷静に話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る