いまだ調整途上も…日ハム清宮の打撃練習を先輩選手が評価

公開日:  更新日:

 できうる限り早く一軍に呼びたいようだ。

 13日、日本ハムの栗山監督は清宮幸太郎(18)について「何十打席立って、3割打ってとか関係ない」と言及。14日からの阪神2連戦(鎌ケ谷)ではフル出場も解禁される予定で、早期一軍合流も見えてきた。

 その清宮は10日に実戦復帰してからの3試合で、1打点を挙げるも無安打。荒木二軍監督は3タコに終わった11日の西武戦後に「自分のスイングができていない。二軍だからといって、早々に打てるものではない。これは想定内」とコメントしている。実際、詰まり気味の打球が目立ち、打撃はまだまだ調整途上にある。

 こんな状態で一軍に行っても打てるわけがない、との向きは少なくないだろうが、一方で「希望」もある。

 さる中堅選手は「清宮の打撃練習は新人とは思えない」と証言する。ティー打撃では打球音がひとりだけ違うし、フリー打撃では打球をポンポンとスタンドに放り込む。とくにフリー打撃の最後の1球は、集中して気合を入れて打つため、格段に打球が飛ぶ。先日も、西武ドームの右翼席上段に特大の“アーチ”をブッ放し、スタッフから「エグイ!」と驚嘆の声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る