連敗を6で止める豪快3号 巨人岡本がゲレーロを追い出す日

公開日:

 巨人の岡本和真(21)が泥沼のチームとエース菅野を救った。

 13日の広島戦で先発の菅野が初回に先制点を奪われたが、その裏にマギーの適時打で勝ち越しに成功。続く岡本が左中間に豪快に3号2ランを叩き込んで一挙5点を挙げた。2試合で10点を失い、連敗中だったエース菅野はその後は立ち直り、初勝利。チームの連敗を6でストップさせた。

 打率.283、3本塁打となった岡本は、前日に打順が6番から5番に昇格。新クリーンアップとして、リーグ2位の13打点目を挙げた。

 五回に左手に死球を受けて途中交代したものの、高橋由伸監督(43)は「大事を取って」と問題なしを強調。中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。

「今年は軸がブレなくなり、フォロースルーが大きくなった。アーチストの打ち方になってきましたね。本塁打した球は132キロのスライダーかカットボールですが、変化球で抜かれても、崩されたり泳がされたりしないのは、投手としては脅威。4番マギー、5番岡本が揃って一発。新打順もまずまず機能しています。特に5番は大事。昨年首位打者を取ったDeNAの宮崎は、5番に定着したことで4番筒香の負担を減らし、打線がつながりだした。あとは3番のゲレーロですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る