初の4番で結果残す 大谷は主砲プホルス直後の5番もあるか

公開日: 更新日:

 二刀流選手が文字通り、チームの主軸に据えられた。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が22日(日本時間23日)のジャイアンツ戦に「4番・DH」でスタメン出場。これまで主に7番に座っていた大谷は初の「4番」で4打数1安打2三振だった。

 大谷は相手先発のベテラン右腕(32)の前に、仕事をさせてもらえない。1打席目は一回2死一塁の場面。カウント1―2から4球目の外角低めに沈むチェンジアップに空振り三振。1死走者なしで迎えた四回の第2打席は1、2球目を見逃して追い込まれると、最後は低めの球にバットが空を切る。14年の最多奪三振王(242)のクエトの巧みな投球に翻弄された。

 しかし、1死一、二塁の好機で迎えた六回。執拗に低めを攻める相手バッテリーを攻略した。カウント2―2から、最初の2打席とも三振に仕留められた低めの変化球に泳がされながらも右前に運び、好機を拡大。次打者が一ゴロ併殺に倒れて得点にはならなかったが、相手のエース右腕からきっちりと結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る