初の4番で結果残す 大谷は主砲プホルス直後の5番もあるか

公開日:  更新日:

 二刀流選手が文字通り、チームの主軸に据えられた。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が22日(日本時間23日)のジャイアンツ戦に「4番・DH」でスタメン出場。これまで主に7番に座っていた大谷は初の「4番」で4打数1安打2三振だった。

 大谷は相手先発のベテラン右腕(32)の前に、仕事をさせてもらえない。1打席目は一回2死一塁の場面。カウント1―2から4球目の外角低めに沈むチェンジアップに空振り三振。1死走者なしで迎えた四回の第2打席は1、2球目を見逃して追い込まれると、最後は低めの球にバットが空を切る。14年の最多奪三振王(242)のクエトの巧みな投球に翻弄された。

 しかし、1死一、二塁の好機で迎えた六回。執拗に低めを攻める相手バッテリーを攻略した。カウント2―2から、最初の2打席とも三振に仕留められた低めの変化球に泳がされながらも右前に運び、好機を拡大。次打者が一ゴロ併殺に倒れて得点にはならなかったが、相手のエース右腕からきっちりと結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る