初の4番で結果残す 大谷は主砲プホルス直後の5番もあるか

公開日:  更新日:

 二刀流選手が文字通り、チームの主軸に据えられた。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が22日(日本時間23日)のジャイアンツ戦に「4番・DH」でスタメン出場。これまで主に7番に座っていた大谷は初の「4番」で4打数1安打2三振だった。

 大谷は相手先発のベテラン右腕(32)の前に、仕事をさせてもらえない。1打席目は一回2死一塁の場面。カウント1―2から4球目の外角低めに沈むチェンジアップに空振り三振。1死走者なしで迎えた四回の第2打席は1、2球目を見逃して追い込まれると、最後は低めの球にバットが空を切る。14年の最多奪三振王(242)のクエトの巧みな投球に翻弄された。

 しかし、1死一、二塁の好機で迎えた六回。執拗に低めを攻める相手バッテリーを攻略した。カウント2―2から、最初の2打席とも三振に仕留められた低めの変化球に泳がされながらも右前に運び、好機を拡大。次打者が一ゴロ併殺に倒れて得点にはならなかったが、相手のエース右腕からきっちりと結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る