2三振で不安視も 大谷の“左腕対策”は指揮官のさじ加減次第

公開日:  更新日:

 二刀流が投打とも小休止だ。

 エンゼルス・大谷翔平(23)は19日(日本時間20日)のレッドソックス戦に「6番・DH」で出場し、4打数無安打3三振。初めて6番で起用されながら、先発試合の連続安打は7でストップした。先発登板した17日の試合では2回3失点で初黒星と、投打とも精彩を欠き、チームも今季初の同一カード3連敗である。

 相手の先発左腕ロドリゲスの変化球にタイミングが合わず、2打席連続でバットが空を切った。技巧派左腕の術中にはまった大谷は「スイング自体はそんなに悪くなかった。1打席1打席のアプローチを考えて、あす以降の打席に入りたい」と前を見据えたが、指揮官による忖度が行われそうだ。

■起用法を再考する可能性も

 ソーシア監督は大谷について「投手の左右は関係ない。左投手でも打ってくれる」と断言。信頼を口にし続けてきたものの、今後は起用法を再考する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る