エ軍大谷を容赦なく内角攻め 初対戦強豪3球団の怨恨と因縁

公開日: 更新日:

「彼はDHをやりたいと心に決めているようだった。それなら最初から15チームは除外するべきだったんだ。彼の興味を引いて契約にこぎつけるために、多くの人たちが多くの時間を費やしたのだから、ナ・リーグの球団はみな、悔しい思いをしたと思う」

 こう言ったのはドジャースのサイ・ヤング賞左腕カーショー。「彼」とはエンゼルス・大谷翔平のことだ。

 大谷はメジャー移籍にあたって、獲得を希望する球団に資料の提出を求めた。その中から面談に進んだのは7球団。ドジャースもそのひとつに含まれていて、結婚記念日にもかかわらず足を運んだカーショーを筆頭に主砲、球団社長、編成担当責任者、GM、監督、コンディショニングコーチらが大挙して面談に参加したものの、彼らには大谷の視線が最初からア・リーグに向いているとしか映らなかったようなのだ。「時間と労力の壮大な無駄遣いをさせた代理人には怒りを感じる」とはカーショーだが、「怒り」や「悔しい思い」が大谷に向く可能性も否定できない。実際、オープン戦で対戦したカーショーは、大谷の印象を聞かれ、「もう興味がない」と素っ気なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る