日体大で練習再開 レスリング伊調が母校と恩師に意趣返し

公開日:  更新日:

 レスリングの絶対女王が再スタートを切った。

 かつての恩師である栄和人・至学館大学監督によるパワハラ被害が認定された五輪4連覇の伊調馨(33)が練習を再開したのだ。

 長らく伊調を個人指導し、現在は母校である日体大女子レスリング部の外部コーチを務める田南部力氏(警視庁)によれば、同大の道場で学生を相手に汗を流している。栄監督の圧力もあって、練習場所の確保もままならなかった金メダリストの懸案事項がひとまず解決した。

 日体大レスリング部はOBも含めて男子は五輪、世界選手権などで多数のメダリストを輩出。ここ数年は女子の強化にも力を入れており、部員も年々、増加。現在は12人(留学生1人)と女子としては大所帯になった。エリート選手が集まる至学館大ほどではないにしろ、有望な選手も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る