• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日体大で練習再開 レスリング伊調が母校と恩師に意趣返し

 レスリングの絶対女王が再スタートを切った。

 かつての恩師である栄和人・至学館大学監督によるパワハラ被害が認定された五輪4連覇の伊調馨(33)が練習を再開したのだ。

 長らく伊調を個人指導し、現在は母校である日体大女子レスリング部の外部コーチを務める田南部力氏(警視庁)によれば、同大の道場で学生を相手に汗を流している。栄監督の圧力もあって、練習場所の確保もままならなかった金メダリストの懸案事項がひとまず解決した。

 日体大レスリング部はOBも含めて男子は五輪、世界選手権などで多数のメダリストを輩出。ここ数年は女子の強化にも力を入れており、部員も年々、増加。現在は12人(留学生1人)と女子としては大所帯になった。エリート選手が集まる至学館大ほどではないにしろ、有望な選手も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る