日体大で練習再開 レスリング伊調が母校と恩師に意趣返し

公開日: 更新日:

 レスリングの絶対女王が再スタートを切った。

 かつての恩師である栄和人・至学館大学監督によるパワハラ被害が認定された五輪4連覇の伊調馨(33)が練習を再開したのだ。

 長らく伊調を個人指導し、現在は母校である日体大女子レスリング部の外部コーチを務める田南部力氏(警視庁)によれば、同大の道場で学生を相手に汗を流している。栄監督の圧力もあって、練習場所の確保もままならなかった金メダリストの懸案事項がひとまず解決した。

 日体大レスリング部はOBも含めて男子は五輪、世界選手権などで多数のメダリストを輩出。ここ数年は女子の強化にも力を入れており、部員も年々、増加。現在は12人(留学生1人)と女子としては大所帯になった。エリート選手が集まる至学館大ほどではないにしろ、有望な選手も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る