伊調へのパワハラ認定 栄和人氏が現場復帰するための条件

公開日:

 あのスキンヘッドが表に出てくることは、しばらくなさそうだ。

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)に対するパワハラ行為が認定された栄和人前日本協会強化本部長(57)。日本協会の要職を辞任したが、所属する至学館大学レスリング部の監督は続投する。

 同大学の谷岡郁子学長によれば、現役の選手全員が「今後も栄監督の指導を受けることを望み、(栄監督も)健全なチームづくりの当事者としての責任を果たす意思を表明している」という。

 栄氏は現在も自宅療養を続けているとはいえ、協会が設置した第三者機関、内閣府のヒアリングに応じており、情緒不安定だった当初に比べて健康状態は回復しているとみられる。

 4月には新入部員を迎えたこともあり、ここにきてレスリング部での指導、6月の全日本選抜選手権での指揮など現場復帰に意欲を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る