• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄氏を擁護 至学大館学長とレスリング界のただならぬ関係

 女子レスリングのパワハラ騒動で俄然、世間の耳目を集めているのが、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)の所属先で、伊調馨(33)の母校でもある至学館大学の谷岡郁子学長(63=日本レスリング協会副会長)だ。

 3月15日に同大で会見した谷岡学長は「パワーなんかないのにどうやってパワハラなんかできるのか」と栄氏に関する一連の報道に反論。かつての恩師を裏切る形となった伊調については「そもそも選手なんですか? そもそも、彼女は東京五輪を目指しているのですか?」と発言したため、非難が殺到。「敬意のかけらもない」「あれこそ、パワハラだ」などと、カブス・ダルビッシュを筆頭に各界の著名人がSNSなどで学長批判を繰り広げた。

 谷岡学長への風当たりは日増しに強まるばかり。学長としてはともかく、副会長として大きな影響力を行使してきたレスリング協会での立場も危うくなるとみる向きもあるが、今後も協会内での発言力が低下することはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る