パワハラ栄氏は至学館大指導 選手蝕む“五輪病”の恐ろしさ

公開日:

 大先輩へのパワハラなんて関係ないということか。

 レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(33)へのパワーハラスメントが日本協会の第三者委員会で認定されたことで、栄和人強化本部長(57)が辞任した。

 一方で、栄氏がレスリング部の監督を務める至学館大学の谷岡郁子学長は、「選手たちは今後も栄監督の指導を受けることを望み、その思いを尊重し、今後も栄監督に指導を託します」とコメントした。

 パワハラ行為が明らかになった指導者に監督を続けさせる大学も大学だが、先輩メダリストへの「イジメ」が明らかになった監督に指導を求めるレスリング部員も「普通じゃない」との声も少なくない。スポーツに関する著書も多い、ノンフィクションライターの織田淳太郎氏もそのひとりだ。

「至学館大学の名称を全国区にしたのは、栄監督が伊調や吉田(沙保里)、登坂(絵莉)など、多くの五輪メダリストを育てたからに他ならない。レスリング部は大学の広告塔ですから、谷岡学長はどうしても監督を続けさせたい。栄監督の指導を受けたくて入学した選手も自分のことしか考えていない。大学と選手の利害が一致しての監督留任なのでしょう。しかし、鉄拳指導が当たり前だった昭和の時代ならともかく、今は指導者の暴力やパワハラ行為は絶対に許されない。学長は栄監督を解任するなり、一定の処分をするべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る