パワハラ栄氏は至学館大指導 選手蝕む“五輪病”の恐ろしさ

公開日: 更新日:

 大先輩へのパワハラなんて関係ないということか。

 レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(33)へのパワーハラスメントが日本協会の第三者委員会で認定されたことで、栄和人強化本部長(57)が辞任した。

 一方で、栄氏がレスリング部の監督を務める至学館大学の谷岡郁子学長は、「選手たちは今後も栄監督の指導を受けることを望み、その思いを尊重し、今後も栄監督に指導を託します」とコメントした。

 パワハラ行為が明らかになった指導者に監督を続けさせる大学も大学だが、先輩メダリストへの「イジメ」が明らかになった監督に指導を求めるレスリング部員も「普通じゃない」との声も少なくない。スポーツに関する著書も多い、ノンフィクションライターの織田淳太郎氏もそのひとりだ。

「至学館大学の名称を全国区にしたのは、栄監督が伊調や吉田(沙保里)、登坂(絵莉)など、多くの五輪メダリストを育てたからに他ならない。レスリング部は大学の広告塔ですから、谷岡学長はどうしても監督を続けさせたい。栄監督の指導を受けたくて入学した選手も自分のことしか考えていない。大学と選手の利害が一致しての監督留任なのでしょう。しかし、鉄拳指導が当たり前だった昭和の時代ならともかく、今は指導者の暴力やパワハラ行為は絶対に許されない。学長は栄監督を解任するなり、一定の処分をするべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る