パワハラ栄氏は至学館大指導 選手蝕む“五輪病”の恐ろしさ

公開日: 更新日:

 大先輩へのパワハラなんて関係ないということか。

 レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(33)へのパワーハラスメントが日本協会の第三者委員会で認定されたことで、栄和人強化本部長(57)が辞任した。

 一方で、栄氏がレスリング部の監督を務める至学館大学の谷岡郁子学長は、「選手たちは今後も栄監督の指導を受けることを望み、その思いを尊重し、今後も栄監督に指導を託します」とコメントした。

 パワハラ行為が明らかになった指導者に監督を続けさせる大学も大学だが、先輩メダリストへの「イジメ」が明らかになった監督に指導を求めるレスリング部員も「普通じゃない」との声も少なくない。スポーツに関する著書も多い、ノンフィクションライターの織田淳太郎氏もそのひとりだ。

「至学館大学の名称を全国区にしたのは、栄監督が伊調や吉田(沙保里)、登坂(絵莉)など、多くの五輪メダリストを育てたからに他ならない。レスリング部は大学の広告塔ですから、谷岡学長はどうしても監督を続けさせたい。栄監督の指導を受けたくて入学した選手も自分のことしか考えていない。大学と選手の利害が一致しての監督留任なのでしょう。しかし、鉄拳指導が当たり前だった昭和の時代ならともかく、今は指導者の暴力やパワハラ行為は絶対に許されない。学長は栄監督を解任するなり、一定の処分をするべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る