小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

バックホームが2バウンド…カットするのとどっちが速い?

公開日: 更新日:

 先日、和歌山の高野山に行ってきた。といっても、お参りではない。高野山高校・川西優登監督に指導を依頼されたのだ。

 4月上旬でも氷点下の日がある寒さの中、1週間でやった「守備」のプレーを紹介する。

 無死一、三塁で投ゴロ。三塁走者がスタートを切ったら本塁へ送球する。走らなかった場合、二塁へ送球して1―6―3の併殺を狙う。捕球した投手は「右回り」で二塁へ送球。普通は「左回り」だが、三塁走者を「目」で殺しながら回転するため、「右」なのだ。二塁から本塁へ送球する1―6―2の練習も必要だ。

 なかなかできないのが、走者一塁で安打が右中間へ飛んだ時。中堅手から三塁への中継プレーだ。打球の地点や捕球体勢などで主に3通りある。

 最も基本的な例を挙げると、三塁までの一直線上に遊撃手が入る。三塁までワンバウンドで到達するなら、そのままスルー。打球の位置によっては二塁手がカット。その際、二塁手の後方10メートルに遊撃手が入ってカバーする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る