今年は非情采配…巨人由伸監督が内海に課す「最終試験」

公開日: 更新日:

 巨人の元左腕エース内海哲也(35)が、28日から始まったGW9連戦中に今季初めて一軍登板を果たす。

 昨季はわずか2勝。今季は新人の2004年以来となるキャンプ二軍スタートの屈辱を味わった。開幕前に一軍の練習試合に呼ばれ、テスト登板したものの、4回2失点でローテ入りを逃した。それでも二軍戦4試合で防御率1.71。中川らの他候補を抑え、自力で「谷間枠」をゲットした。

 しかし、まだスタート地点に立っているだけ。現状は厳しい。高橋由伸監督(43)は契約最終年の今年、シビアな采配を徹底しているからだ。

 開幕ローテに滑り込んだ大竹寛(34)は1勝を挙げた後、2度目の登板で5失点KOされると、即二軍落ち。13年オフにFA入団した投手でも、一度の背信投球でバッサリ斬っている。

「昨年までの由伸監督は、優柔不断な采配を度々指摘されてきたが、2年間V逸して臨む契約最終年だけに、今年はかなりシビア。野手ではチームの重鎮である39歳の阿部を開幕から代打要員としてベンチに座らせている。昨年まで外野の不動のレギュラーだった33歳の長野も、調子が上がらないと見るや、スタメンからスパッと外した。球団に若返りを指示されているだけに、阿部や長野といった巨人の“聖域”にも構わずメスを入れている。今年の由伸監督は非情采配が目立ちます」(チーム関係者)

 11、12年に2年連続最多勝を獲得し、通算128勝の内海は、5月3日の広島戦での先発が濃厚。結果が出なければ、これが「花道登板」になる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る