巨人由伸監督は慎重も 岡本を「今すぐ4番に」とOBが進言

公開日:

 地位が人をつくり、環境が人を育てる――球界の名将、野村克也氏が好んで使う言葉だ。

「まったくその通り。由伸監督がためらっている理由が分からない」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がそう言うのはもちろん、高卒4年目にしてついに本格化し始めた岡本和真(21)のことである。「今すぐにでも4番にすべきですよ」とこう続けるのである。

「期待先行だった過去3年と違いスイングの迫力からして違う。これまでは、結果を求める余りフルスイングするのを恐れている印象もあったが、右の軸足にしっかりとタメができ、自分のポイントまでボールを呼び込んで強く叩けている。外の変化球に泳がされることも減って、安定感も出てきた。まだ開幕1カ月とはいえ、この成績はフロックではないでしょう。4番としての責任を背負わせることでさらに成長するはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る