最下位タイの混戦脱出へ 巨人に左腕リリーバー補強情報

公開日:

 左の中継ぎを探せ――。

 開幕以降、救援左腕がひとりもいない状態で戦っていた時期もある巨人。今もベンチ入り左腕は中川ひとりで、この中川にしても、本来は先発として育てたい若手の有望株だ。上原は勝ちパターンから外れたが、沢村、マシソン、カミネロの勝利の方程式はいずれも右。「左のリリーバー」が補強ポイントとなっている。

 2016年までは前人未到の9年連続60試合登板を果たした山口鉄が絶対的セットアッパー左腕として君臨した。が、昨季は18試合の登板に終わった。数年前から故障や不振に苦しむようになり、この年のオフに「後釜」として、ソフトバンクから森福をFAで獲得したものの、わずか1年足らずで“構想外”。今も二軍でくすぶっている。

 助っ人選手がダブつき、外国人枠の問題が浮上する補強より、手っ取り早いトレードで左腕を探しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る