2年連続打率最下位に何が 巨人小林「首位打者」浮上の珍事

公開日: 更新日:

 あの小林誠司(28)が首位打者に浮上した。

 長野で行われた24日の中日戦で定位置の8番からプロ初の7番に昇格すると、2安打を放ち、規定打席に到達。.375で打率リーグトップに躍り出た。

 高橋由伸監督(43)は「だいぶ練習してきたので、その成果が今は出ているのでは。始まったばかりなので最後まで続いてくれれば」と目を細めた。

 貧打の象徴だった。16年.204、17年.206と2年連続でセ・リーグの打率最下位。昨年の球宴で本塁打を放つと「シーズンで打て」と由伸監督に頭をバチンと叩かれた。昨年3月のWBCでは侍ジャパンの正捕手を務めながら、球団はその秋のドラフトで、育成を含めて4人も捕手を指名。「捕手は取るだろうと思っていた。そういう世界。成績も残せていないし、練習するだけ」と自身への尻叩きのようなドラフトに危機感を口にしていた。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る