2年連続打率最下位に何が 巨人小林「首位打者」浮上の珍事

公開日: 更新日:

 あの小林誠司(28)が首位打者に浮上した。

 長野で行われた24日の中日戦で定位置の8番からプロ初の7番に昇格すると、2安打を放ち、規定打席に到達。.375で打率リーグトップに躍り出た。

 高橋由伸監督(43)は「だいぶ練習してきたので、その成果が今は出ているのでは。始まったばかりなので最後まで続いてくれれば」と目を細めた。

 貧打の象徴だった。16年.204、17年.206と2年連続でセ・リーグの打率最下位。昨年の球宴で本塁打を放つと「シーズンで打て」と由伸監督に頭をバチンと叩かれた。昨年3月のWBCでは侍ジャパンの正捕手を務めながら、球団はその秋のドラフトで、育成を含めて4人も捕手を指名。「捕手は取るだろうと思っていた。そういう世界。成績も残せていないし、練習するだけ」と自身への尻叩きのようなドラフトに危機感を口にしていた。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  9. 9

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  10. 10

    二世、アイドル、タレント出身…TV局新人アナ誰が化ける?

もっと見る