2年連続打率最下位に何が 巨人小林「首位打者」浮上の珍事

公開日:

 あの小林誠司(28)が首位打者に浮上した。

 長野で行われた24日の中日戦で定位置の8番からプロ初の7番に昇格すると、2安打を放ち、規定打席に到達。.375で打率リーグトップに躍り出た。

 高橋由伸監督(43)は「だいぶ練習してきたので、その成果が今は出ているのでは。始まったばかりなので最後まで続いてくれれば」と目を細めた。

 貧打の象徴だった。16年.204、17年.206と2年連続でセ・リーグの打率最下位。昨年の球宴で本塁打を放つと「シーズンで打て」と由伸監督に頭をバチンと叩かれた。昨年3月のWBCでは侍ジャパンの正捕手を務めながら、球団はその秋のドラフトで、育成を含めて4人も捕手を指名。「捕手は取るだろうと思っていた。そういう世界。成績も残せていないし、練習するだけ」と自身への尻叩きのようなドラフトに危機感を口にしていた。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る