どんなに慌ただしくても…スタート前の必須項目はこの3つ

公開日: 更新日:

 最近は乗用カート導入のゴルフ場が増えていますが、なるべく1番ティーまではカートに乗らずに歩いてください。

 それは足裏の感度を高めて、足首のストレッチ、傾斜地でのアドレスに対応できるなど、スタート前のリハーサルになるからです。

 そして、スタートまで10分もあればロングパットが足裏の覚醒に効果絶大です。

 10メートルのパッティングを往復すれば20メートルです。それを5セットやるだけで100メートルも歩くことになります。足裏の感覚が目覚めることで、芝や砂の上でも下半身に安定感が生まれてバランスを保ちやすくなります。

 また、ロングパットは打感が強いので、ショット練習をしないでも手のひらの感覚を研ぎ澄ます効果が期待できます。ショットと違い、パットならヘッドをボールに当てようという意識がないので、クラブを振るという意識も出てきます。ストレッチ不足からスタートすると体がよく回らず、手打ち傾向の強いスイングになって、あらゆるミスの原因になります。そんな予防にもロングパットは役立ちます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る