57位発進の石川遼に「もっとゴルフに専念させるべき」の声

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン 初日】

 前週のツアー国内開幕戦で優勝争いを演じて2位に終わった石川遼(26)。

 今大会初日はイン発進の10番パー4でいきなり左に曲げる波乱のティーショットから、3打目をピンそば1メートルにつけながら3パットのダブルボギー。続く11番から3連続バーディーを奪って反撃開始かと思われたが、その後も出入りの激しい内容でイーブンパー57位発進とちぐはぐ。ミスショットに顔をしかめるシーンが多かった。

「何か一つ手ごたえをつかめていないというか、自信を持って打てる何かがないという感じです」(石川)

 要するにゴルフに不安を抱えているわけで、それでは日本ツアーといえども上位に絡むのは難しい。

 石川は今年から選手会長と青木功JGTO会長をサポートする副会長職に就き、人気低迷から脱出するためにトーナメントを盛り上げるさまざまなアイデアを提案して実現している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る