• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

57位発進の石川遼に「もっとゴルフに専念させるべき」の声

【パナソニックオープン 初日】

 前週のツアー国内開幕戦で優勝争いを演じて2位に終わった石川遼(26)。

 今大会初日はイン発進の10番パー4でいきなり左に曲げる波乱のティーショットから、3打目をピンそば1メートルにつけながら3パットのダブルボギー。続く11番から3連続バーディーを奪って反撃開始かと思われたが、その後も出入りの激しい内容でイーブンパー57位発進とちぐはぐ。ミスショットに顔をしかめるシーンが多かった。

「何か一つ手ごたえをつかめていないというか、自信を持って打てる何かがないという感じです」(石川)

 要するにゴルフに不安を抱えているわけで、それでは日本ツアーといえども上位に絡むのは難しい。

 石川は今年から選手会長と青木功JGTO会長をサポートする副会長職に就き、人気低迷から脱出するためにトーナメントを盛り上げるさまざまなアイデアを提案して実現している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る