• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

57位発進の石川遼に「もっとゴルフに専念させるべき」の声

【パナソニックオープン 初日】

 前週のツアー国内開幕戦で優勝争いを演じて2位に終わった石川遼(26)。

 今大会初日はイン発進の10番パー4でいきなり左に曲げる波乱のティーショットから、3打目をピンそば1メートルにつけながら3パットのダブルボギー。続く11番から3連続バーディーを奪って反撃開始かと思われたが、その後も出入りの激しい内容でイーブンパー57位発進とちぐはぐ。ミスショットに顔をしかめるシーンが多かった。

「何か一つ手ごたえをつかめていないというか、自信を持って打てる何かがないという感じです」(石川)

 要するにゴルフに不安を抱えているわけで、それでは日本ツアーといえども上位に絡むのは難しい。

 石川は今年から選手会長と青木功JGTO会長をサポートする副会長職に就き、人気低迷から脱出するためにトーナメントを盛り上げるさまざまなアイデアを提案して実現している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る