57位発進の石川遼に「もっとゴルフに専念させるべき」の声

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン 初日】

 前週のツアー国内開幕戦で優勝争いを演じて2位に終わった石川遼(26)。

 今大会初日はイン発進の10番パー4でいきなり左に曲げる波乱のティーショットから、3打目をピンそば1メートルにつけながら3パットのダブルボギー。続く11番から3連続バーディーを奪って反撃開始かと思われたが、その後も出入りの激しい内容でイーブンパー57位発進とちぐはぐ。ミスショットに顔をしかめるシーンが多かった。

「何か一つ手ごたえをつかめていないというか、自信を持って打てる何かがないという感じです」(石川)

 要するにゴルフに不安を抱えているわけで、それでは日本ツアーといえども上位に絡むのは難しい。

 石川は今年から選手会長と青木功JGTO会長をサポートする副会長職に就き、人気低迷から脱出するためにトーナメントを盛り上げるさまざまなアイデアを提案して実現している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る