日本の芝に戸惑い出遅れ 小平“凱旋プレー”が及ぼす悪影響

公開日:  更新日:

【中日クラウンズ 初日】

 日本選手5人目の米ツアー優勝を遂げた小平智(28)が、今大会に凱旋出場している。予選ラウンド2日間は選手会長の石川遼(26)と、前年覇者でともにマスターズに出場した宮里優作(37)との注目ペアリングになった。

 初日は宮里が2アンダー13位タイにつけ、小平と石川は1アンダー21位タイと、3人ともさして見るべきものはなかった。

「日本の芝が久々だったので、距離感もなかなか合いづらかった。米ツアーはフェアウエーにいっても、少し球が沈んでいる。こちらだとコーライ芝なので、いいライだと思いがちですが、結構打ち込むと球の下に隙間があるので上っ面に当たる。そのアジャストが難しかった」(小平)

 小平の2018年は米ツアーのソニーオープンから始まり、シンガポール、ミャンマー、豪州、メキシコ、米国と海外転戦が続いて9試合目のRBCヘリテージで米ツアー優勝。先週、帰国し、日本でプレーするのは今年初めてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る